fc2ブログ

2月のお灸教室

2月2日㈮に2024年の最初のお灸教室をしました。
1/18~2/3は寒土用の期間、来るべき季節に備える時期でした。
冬の寒さで固まった体を労わる「労宮」へのツボをご紹介しました。
202-2-2労宮

翌日3日は節分、4日は立春、暦の上では春です。
みんなが待ちわびる季節がやってきました。
春は三段階でやって来ると言われています。
「光の春」→「音の春」→「気温の春」です。
夜が明けるも早くなって、日中も少し前より明るく感じます。
2月、寒さも本番ですが、「光の春」がやって来ています。

次回のお灸教室は3月1日㈮です。
ご予約お待ちしております。

スポンサーサイト



10月のお灸教室風景

10月6日お灸教室をしました。
今月の講座は「今週になってやっと秋の扉が開きましたね、今年は天岩戸のごとく硬い扉のように感じました。」という挨拶から始まりました。本当に長い夏でした。

今月のテーマは「秋バテ」です。
朝夕の冷えと日中の暑さ、夏と秋を一緒に感じる今日この頃です。
長い夏の間、暑さ対策のために、体はフルパワーで働きました。
秋を迎え、気候が落ち着くと、夏の疲れがあちこちに出てきます。
これが「秋バテ」と言われています。
今月は「秋バテ対策の健康灸」をご紹介しました。

「足三里(あしさんり)」は、元気の出るツボです。
お灸もおススメですが、カイロで温めたり、じわ~とツボ押しでも元気がでます。
朝夕の急な寒さで体が硬くなったら、「崑崙(こんろん)」がおススメです。足の血行が良くなり、体の後ろ側を楽にしてくれます。
特に肩が硬くなってかたまったら、手のひらにある「魚際(ぎょさい)」もおススメします。
2023-10-6魚際


そして今月は家庭菜園で収穫した青パパイヤのお土産も用意しました。
サラダや炒め物にも美味しい健康野菜です。

次回は12月1日(金)です。
寒さから体を守るお灸をお伝えします。
(11月は祝日のため休講します。)

9月のお灸教室

9月1日(金)にお灸教室をします。
おなじみの「せんねん灸」を使った教室です。
myツボをみつけて、自宅でのセルフメンテナンスを始めてみませんか。
9月の講座のテーマは「夏に良いお灸 その3 残暑対策」です。
お灸room鍼灸たかむらのホームページ 教室案内をご覧ください。

4月のお灸教室

今月は「高血圧に効くツボ」のリクエストがあり、血圧の話とツボについて講座をおこないました。
高血圧は日本人にとって身近な病気です。
ほとんどの場合は自覚症状がありません。
心臓から全身に送り出される血流が、血管の壁にかける圧力を血圧といい、血管にかかる圧力が高まり血管が傷んでしまうことを高血圧症と言います。運動や食事・減塩、そして処方薬が治療の基本となっています。そこにプラスしてお灸も加えて頂こうと、せんねん灸の『TUBO BOOK』に紹介されている「名灸ツボ」や「内関」のお灸を体験して頂きました。

そして季節のお土産は、旬を迎えた垢田のトマトでした。
次回は6月2日㈮です。5月はGW期間中の為、休講します。
2023-4-7トマト

3月のお灸教室

 3月3日㈮にお灸教室をしました。
春は陽気に誘われ、お出かけも増え、中には環境が大きく変わる方もいらっしゃると思います。
この季節は、特に気持ちを穏やかに過ごして頂きたいと願い、腕にあるツボで「郄門(げきもん)」のお灸を紹介しました。
 2月の立春を過ぎると暦の上では春となります。まだまだ寒さは続きますが、梅の花や伸びる日の長さに春の気配を感じます。
春は光、音、温度の三段階でやってくると言われます。
日の長さや太陽の眩しさを感じた後、賑やかな鳥たちのさえずりを聞き、桜前線上昇の時期にやっと暖かさを感じることができるそうです。それでは春を感じに行きましょうと、生徒さんたちと講座修了後、西市の内田農園に苺狩りに出かけました。
お天気に恵まれ、苺ハウスはとても暖かく、光と温度、そして苺の香りと甘味でしっかり春を感じてきました。
2023-3-3いちご狩り

2023-3-3.jpg

次回は4/7(金)10時~11時です。「血圧のお灸」をテーマに講座をさせて頂きます。
リンク
プロフィール

はっち

Author:はっち
料理好きな鍼灸師
”はっち”です
心に残る出来事の記録です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR